2010年06月02日

鳩山首相、沖縄米訓練の受け入れを要請 全国知事会で(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日、都内で開かれた全国知事会(会長・麻生渡福岡県知事)の会合であいさつし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題に関し、「沖縄の過重な負担を軽減したい」と述べ、米軍訓練の一部受け入れを求めた。具体的には、ヘリコプター部隊の訓練などを例示した。

【関連記事】
署名拒否なら首相発言も 官房長官が日米合意の修正は否定
全国知事会の欠席意向の群馬知事、一転出席へ
福島氏「辺野古、県内に明確に反対」 社民が最終局面で対応協議
究極の二枚舌 鳩山政権の無責任体質を象徴
迷走の鳩山政権 米国防長官「長すぎたのでは」

国際石油開発、元通産省の北村副社長が社長就任(レスポンス)
そのときベスーン被告はメモを取る手を止めた…びっしり書き込まれたノート SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
ブラッドサースティー・ブッチャーズ、23年目の最高傑作『NO ALBUM 無題』、その裏側の葛藤とは?
<韓国艦沈没>ロシアが声明「責任を明確にすることが重要」(毎日新聞)
posted by タニガワ ヤスオ at 02:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。