2010年02月13日

民主・小林議員の選対幹部、懲役2年判決(読売新聞)

 昨夏の衆院選北海道5区で当選した民主党の小林千代美氏(41)の陣営幹部による選挙違反事件で、公職選挙法違反に問われた元連合札幌会長山本広和被告(60)の判決が12日、札幌地裁であった。

 辻川靖夫裁判長は、連座制の適用対象となる懲役2年、執行猶予5年(求刑・懲役2年)を言い渡した。

 連座制は、候補者の選挙関係者が選挙違反で有罪となった場合、候補者の当選が無効となり、同一選挙区から5年間立候補が禁止される制度。

 禁固刑以上が確定すれば、札幌高検は小林氏本人への連座制適用を求める行政訴訟を札幌高裁に提起する方針。

プロ野球選手の個人情報紛失=関テレ社員、USB持ち出し−大阪(時事通信)
<石川議員>決断迫られる首相 民主は処分に消極的(毎日新聞)
皇后さま 「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館(毎日新聞)
成果・不満・悲鳴…「平成の大合併」終盤へ(読売新聞)
最大輸送機で重機空輸=陸自ハイチPKO(時事通信)
posted by タニガワ ヤスオ at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。