2010年06月18日

SFCG大島容疑者、逮捕 破綻前に親族会社に400億円を流出(産経新聞)

 経営破綻(はたん)した商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド、東京)が破綻前の平成20年12月、親族会社に約400億円の資産を流出させた疑いが強まったとして、警視庁捜査2課は16日、民事再生法違反(詐欺再生)などの疑いで、同社元会長の大島健伸容疑者(62)と長男、嘉仁容疑者(33)ら計4人を逮捕した。同課によると、4人とも容疑を否認しており、大島容疑者は「やっていません」と供述している。

 同課によると、大島容疑者は経営破綻直前の20年12月、親族会社に対し、所有していた計約418億円分の不動産担保ローン債権について、売買を装って事実上無償で譲渡し、資産を不正に流出させた疑いが持たれている。

 破産管財人によると、一連の資産譲渡が行われたのは20年9月〜21年2月ごろ。同社が保有する不動産担保ローンや貸し出し債権など約2670億円の資産が、無償で譲渡されたり格安で売却されるなどした。このうち約1238億円は破綻が確実となった同1〜2月に処理。譲渡・売却先は、大島容疑者の義弟や妻ら親族が代表を務める企業など計7社だった。

 捜査2課はこうした行為について、大島容疑者が差し押さえを逃れるために行った疑いがあるとみて捜査。21年9月以降、SFCG元幹部から、資産譲渡の経緯について事情聴取を重ねてきた。

 その結果、複数の元幹部が「大島容疑者の指示を受け、部下らに手続きをさせた」などと供述。さらに約418億円の資産譲渡については、譲渡先との間で行われたほかの金銭取引と関連がないことから、SFCGから資産を移すことで債権者に損害を与えた疑いが強いと判断した。

 破産管財人によると、今年3月時点で、SFCGへの債権額は約2900億円にのぼる一方、資産は約61億円にとどまっている。

 SFCGは「商工ファンド」として昭和53年に設立。平成14年に社名変更した。中小企業向け担保ローンで急成長したが、貸金業法改正などの影響で業績が悪化。21年2月に経営破綻した。平成11年には強引な取り立てが社会問題化し、大島容疑者が国会に参考人招致されている。

【関連記事】
SFCG元社長本格捜査へ 400億円流出の疑い 民事再生前に、警視庁
振興銀取締役会「偽装取引」承認 SFCGに持ち掛け
振興銀事件 執行役は「指示」否認 検査妨害5人が関与か
SFCGが地方税16億円滞納 異例の親族追及へ
武器は“強欲”セールストーク… 年収1億円の敏腕生保マンの錬金術
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

20日までの完了目指す=未処理3万頭―政府対策本部(時事通信)
<スポーツ基本法案>自公が再度衆院に提出(毎日新聞)
<日本振興銀行>検査忌避容疑で家宅捜索 警視庁(毎日新聞)
「ただ乗り」させぬ仕組みを 大阪市生活保護外国人1万人突破(産経新聞)
2警察官引きずりで車の男女逮捕 自転車も巻き込み逃走(産経新聞)
posted by タニガワ ヤスオ at 12:35| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。