2010年04月24日

複数医療機関の在宅療養指導で要望書―保団連(医療介護CBニュース)

 全国保険医団体連合会(保団連)は4月20日、今年度の診療報酬改定で追加された、複数の医療機関が一人の患者に異なる在宅療養指導管理を行っている場合の取り扱いの通則について、「医療機関の間で紹介がなければ指導管理料を算定できないような制限を設けるべきではない」と指摘し、撤回を求める要望書を長妻昭厚生労働相にあてて提出した。

 今年度の診療報酬改定では、在宅療養指導管理料について、「在宅療養支援診療所または在宅療養支援病院から患者の紹介を受けた保険医療機関が、紹介元と異なる在宅療養指導管理を行った場合、紹介が行われた月に限り、それぞれの保険医療機関で在宅療養指導管理料を算定できる」との通則が追加された。

 保団連ではこの中の「在宅療養支援診療所または在宅療養支援病院から『患者の紹介を受けた』保険医療機関が」との文言を問題視。これまでは医療機関の間で紹介がなくても、算定要件を満たしていれば、複数の医療機関が指導管理料を算定できていたが、改定後は紹介がなければどちらかの医療機関が算定できなくなると考えられると指摘し、撤回を求めている。


【関連記事】
2010年度診療報酬改定を告示
【中医協】「入院時医学管理加算」名称変更へ、要件緩和は検討継続
看護師による在宅療養指導への評価を―看保連が要望書
診療報酬引き上げなどを国会議員に要請−保団連
診療所の再診料、年27万円減少―2点引き下げで保団連

報国寺 青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)
子ども手当、2万円に減額も=民主・玄葉氏(時事通信)
息子夫婦刺した容疑、60歳父を現行犯逮捕(読売新聞)
「維新の会」府の資料流用 マスタープラン 橋下知事が陳謝(産経新聞)
座いす、阪和道に投げ込み 車接触けが人なし(産経新聞)
posted by タニガワ ヤスオ at 13:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。