2010年02月21日

「ブラッドパッチ」の保険適用を要望―脳脊髄液減少症研究会(医療介護CBニュース)

 「脳脊髄液減少症」を研究・診療する医師らが組織する脳髄液減少症研究会(代表・篠永正道国際医療福祉大学教授)は2月18日、同症の治療法である「ブラッドパッチ治療」への保険適用などを求める要望書を長妻昭厚生労働相あてに提出した。

 「脳脊髄液減少症」は、交通事故などによる頭部・全身への強い衝撃で脳脊髄液が漏出し、頭痛やめまいなどのさまざまな症状を引き起こす。同研究会によると、患者数は少なく見積もっても、全国で数十万人に上る。患者本人の血液を「硬膜外腔」に注入して漏れを防ぐブラッドパッチが有効だが、保険適用外のため経済的負担が大きく、治療を断念する患者もいるという。
 
 要望書では▽脳脊髄液減少症を保険の適用疾病と認める▽硬膜外ブロックに準じ、ブラッドパッチ治療を保険適用にする―の2点を求めている。

 山井和則厚生労働大臣政務官に要望書を手渡した同研究会の美馬達夫事務局長(山王病院脳神経外科部長)は、「今後は、病気の実態をより多くの人に知ってもらうための啓発活動にも力を入れていきたい」と話している。


【関連記事】
診断基準策定求め要望書−「脳脊髄液減少症」支援の会
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出
脳脊髄液減少症治療、早急に保険適用を
脳脊髄液減少症治療の保険適用「不可」/政府答弁書
脳脊髄液減少症の研究・治療促進を

社民の反対「不愉快」=国民新・下地氏(時事通信)
<雑記帳>新作パズル テーマは萌えキャラ(毎日新聞)
【核心】「サンラ」200億集金 王様ら「セレブ」餌(産経新聞)
<囲碁>プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ (毎日新聞)
「首相が徴税責任者、悲喜劇だ」党首討論で谷垣氏(読売新聞)
posted by タニガワ ヤスオ at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

消費税 「景気が後退」「必要なら」…閣内に温度差(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相が3月から、消費税率引き上げを含む税制抜本改革に着手するとの意向を表明したことについて、16日の閣議後の会見で、閣僚から発言が相次いだ。所得税や法人税など税制全体を見直す必要性にほぼ異論はないものの、消費税増税を前提とした議論は積極派から反対派まで幅広く、閣僚間の温度差は大きい。

 「消費税(増税)ありきという議論には立たない」。原口一博総務相は会見で、こう強調。「疲弊した経済に増税すればかえって(景気がさらに後退し税収が減るため)財政赤字は拡大する」と景気回復前の増税にクギを刺した。

 福島瑞穂少子化担当相は、消費税増税で年収の少ない世帯の負担が増えるとして「議論はいいが、税率引き上げには反対だ」と社民党代表として反対の姿勢を鮮明にした。亀井静香金融担当相は「消費税だけを取りだして議論をするほど暇ではない」などと一蹴(いっしゅう)した。

 これに対して、「ムダを排除した上で、必要なら上げる」(直嶋正行経済産業相)「消費税、所得税すべての(税の)バランスを考える必要がある」(仙谷由人国家戦略担当相)と増税の必要性をにじませた声も少なくない。

 鳩山由紀夫首相は「この4年間は(消費税を)上げないが、議論することは結構だ」との立場だ。菅財務相はこの日、「あらゆる税について本格的議論をそろそろ始めるべきだ」と意欲をみせたが、閣僚の意見は多様なだけに曲折は避けられそうにない。【寺田剛】

【関連ニュース】
消費税:自民に影響必至 参院選「対立軸」あいまいに
消費税:「4年間は上げぬ」首相
菅副総理:次期衆院選前の消費税引き上げ否定
菅財務相:消費税議論「3月から」 大幅前倒し意向
谷垣総裁:消費税10%以上必要

<阪急バス>75歳女性8時間車内閉じ込め 兵庫(毎日新聞)
殺人の時効撤廃=刑訴法改正案、提出へ−政府(時事通信)
小沢幹事長不起訴、検察審査会へ申し立て(読売新聞)
市立病院部長が覚醒剤 使用容疑で逮捕(産経新聞)
民主沖縄県連が普天間移設で独自案をとりまとめへ(産経新聞)
posted by タニガワ ヤスオ at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

生存男性を死亡と判断=警察署検視室で目覚ます−さいたま市消防(時事通信)

 さいたま市は10日、ゲートボール場で倒れていた男性(51)が生きているにもかかわらず、通報で駆け付けた桜消防署大久保出張所の救急隊が死亡していると判断し病院に搬送しなかったと発表した。男性は埼玉県警大宮西署の検視室で目を覚まし、病院に搬送された。命に別条はないという。
 市によると、同日午前9時40分ごろ、「同市西区で男性が冷たくなっている」と県警から通報があり、救急隊が同55分ごろ到着した。男性はゲートボール場で布団にくるまった状態で倒れており、救急隊長(52)と隊員(41)は体が冷たくなっていることや、硬くなっていることを確認。脈や呼吸、意識の有無を十分確認せずに死亡していると判断し、病院に搬送しなかった。
 隊長と隊員は救急隊員としてそれぞれ20年、12年勤務。隊長は「硬直があり、死亡と判断する状況ではないかと思った」と話しているという。
 清水勇人さいたま市長は「市民の安全・安心を守る立場の救急隊が、傷病者観察の基本を怠り、多大なる負担を与えてしまったことは大変遺憾」とコメントした。 

<姫路独協大>法科大学院の合格者ゼロ…来年度入試(毎日新聞)
香港捜査員、銀座の現場に=侵入口など確認−高級時計窃盗(時事通信)
【Web】SNSユーザー狙うスパムメール急増(産経新聞)
鳩山政権は公約違反=共産・小池氏(時事通信)
<毎日育英会奨学生>卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
posted by タニガワ ヤスオ at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。